価格差が生まれる理由


業者リサイクルトナーは、業者ごとにより、価格に違いがあります。それにはいくつか理由があるのです。使用済みカートリッジの分別基準、部品交換の割合、購入後のサポート、管理費です。これらにどれだけコストをかけるかで、販売金額にも差が生まれます。

まずはリサイクルトナーは、使用済み品を回収し、再生します。回収時には分別を行い、互換品などを除去し、純正品のみ分別します。分別作業を行わなければ価格を安く出来ますが、その反面、不良品も多くなってしまいます。

そしてリサイクルトナーは、トナー充填前に、分解洗浄し、部品交換します。これらの作業を行わずに、充填だけして販売すれば価格は安くなりますが、その反面不良品も多くなってしまいます。充填するトナーの量も、業者によるさじ加減です。満タンに充填する業者や、安くするために相当ごまかして少なくする業者もいます。

トナーは消耗品であるために、販売するためには、多くのメンテナンスを必要とします。純正トナーと比べると安い値段ですが、あまりにも安すぎる値段のリサイクルトナーは、安いなりの理由があるのです。どれぐらいの相場なのか、それぞれのリサイクルトナー業者を比べてみると良いでしょう


関連記事

  1. リサイクルトナーの品質
  2. 信頼できるショップ
  3. サポート体制