リサイクルトナーの品質


プリンタープリンターを使用する方や会社だと、どうしてもトナーは消耗品となり、使えば新しいのと交換しないとなりません。しかし毎回純正の新しいトナーを購入していては、コストが高くなります。純正トナーはそれなりの値段がするので、負担も大きいでしょう。そこで使えるのが、リサイクルトナーです。トナーをリサイクルすることにより、純正トナーよりも安い価格を実現しています。ただ純正トナーと違い、リサイクルトナーは業者により品質が違い、サポートも違います。品質の悪いリサイクルトナーを購入しては、余計にコストがかかるかもしれません

リサイクルトナーとしては、廉価品を用いている場合、純正トナーをリサイクルしているなどあります。品質を一定に保つには、ある程度のコストはかかるので、いくら安いといても、安すぎる値段のリサイクルトナーは、手を出さない方が無難と言えるでしょう。使用済みの純正品を回収し、トナーを充填して、リサイクルトナーとして販売しています。つまりは、それぞれの業者のオリジナル品と言っても良いのです。業者ごとに品質に違いはありますが、日本カートリッジリサイクル工業会が一定の基準を設けており、ここに加盟している業者だと、品質は一定以上だと見て良いでしょう。リサイクルトナーとして販売するには、洗浄してトナーを充填するなど手間がかかります。このようなリサイクル段階にどれぐらい手間をかけるかでも、その業者のトナーの品質が高いか低いか違ってきます。


関連記事

  1. 価格差が生まれる理由
  2. 信頼できるショップ
  3. サポート体制