サポート体制

トナーリサイクルトナーは、純正トナーと比べると、不良品の発生割合が多いです。万が一購入したリサイクルトナーが不良品であった時に、返品に応じてくれるか、またサポートはしているのか、そのような業者を探すようにします。割合としては100本中数本は不良品が発生します。どうしても不良品のでる製品なので、当社の製品には不良品は一切ありません、などと記載している業者は、信頼性が薄いと言えるでしょう。

購入後の印字不良時の対応が素早く、親切丁寧で、保証条件通りに保証してくれる業者を探します。保証条件が同じであっても、不良品に対しては、業者ごとに対応が違います。これはやはり、その業者のサイトを見て、保証に関して記載があるかどうか見ることです。保証のしっかり行っている業者であれば、不良品だったと連絡すれば、すぐに代替品を送ってくれます。

サポート体制が万全かは、業者として信頼と品質を確保し、営業を行っているか見てみましょう。まずは先ほどのリサイクルトナーカートリッジ工業会会員であるか、さらにはISO9001やISO14001を取得していることも望ましいです。その会社の規模に関わらず、会員か、ISO取得かを見てみましょう。


関連記事

  1. リサイクルトナーの品質
  2. 価格差が生まれる理由
  3. 信頼できるショップ

信頼できるショップ

パソコンリサイクルトナーを購入するときは、多くの場合は業者の通販サイトからの購入になります。値段が安ければ安いほど良いということではなく、やはり品質はもちろん、信頼できる業者かどうか確かめる必要があるでしょう。確かめるには、サイトの情報を見るのです。

サイトのトップページを見て、業者の電話番号が書かれているかを見ましょう。電話番号が書かれていると、万が一の時に電話してサポートを受けられる他に、購入前の問い合わせが出来ます。電話番号が書いてあるとうことは、いつでも電話してくださいという事であり、サポートも行っているという事です。

次に商品に関して、保証を行っているか、その記載があるかどうか見ましょう。万が一不具合があったときに対応してくれるのか、保証期間はどれぐらいかの記載を確認し、保証期間は1年以上あることが望ましいです。さらには、リサイクルトナー使用によって、プリンターが故障したときの修理費負担はあるかどうかも見ると良いでしょう。

ちなみにリサイクルトナー販売の「トナプロ」のサイトには、トップページに業者の電話番号がしっかり掲載されていましたし、保証も1年間、そしてトナーが原因のプリンタ故障の場合は修理費を負担するとも記載されていました。ここまでしっかりしている業者であれば安心して良いといえるでしょう。

また、Copyrightを見て、サイトが何年間運営されているか、出来るだけ古くからある業者の方が信頼はしやすいですが、新規業者でも信頼できるところはあるので、この点は購入者の感覚になります。


関連記事

  1. リサイクルトナーの品質
  2. 価格差が生まれる理由
  3. サポート体制

価格差が生まれる理由

業者リサイクルトナーは、業者ごとにより、価格に違いがあります。それにはいくつか理由があるのです。使用済みカートリッジの分別基準、部品交換の割合、購入後のサポート、管理費です。これらにどれだけコストをかけるかで、販売金額にも差が生まれます。

まずはリサイクルトナーは、使用済み品を回収し、再生します。回収時には分別を行い、互換品などを除去し、純正品のみ分別します。分別作業を行わなければ価格を安く出来ますが、その反面、不良品も多くなってしまいます。

そしてリサイクルトナーは、トナー充填前に、分解洗浄し、部品交換します。これらの作業を行わずに、充填だけして販売すれば価格は安くなりますが、その反面不良品も多くなってしまいます。充填するトナーの量も、業者によるさじ加減です。満タンに充填する業者や、安くするために相当ごまかして少なくする業者もいます。

トナーは消耗品であるために、販売するためには、多くのメンテナンスを必要とします。純正トナーと比べると安い値段ですが、あまりにも安すぎる値段のリサイクルトナーは、安いなりの理由があるのです。どれぐらいの相場なのか、それぞれのリサイクルトナー業者を比べてみると良いでしょう


関連記事

  1. リサイクルトナーの品質
  2. 信頼できるショップ
  3. サポート体制

リサイクルトナーの品質

プリンタープリンターを使用する方や会社だと、どうしてもトナーは消耗品となり、使えば新しいのと交換しないとなりません。しかし毎回純正の新しいトナーを購入していては、コストが高くなります。純正トナーはそれなりの値段がするので、負担も大きいでしょう。そこで使えるのが、リサイクルトナーです。トナーをリサイクルすることにより、純正トナーよりも安い価格を実現しています。ただ純正トナーと違い、リサイクルトナーは業者により品質が違い、サポートも違います。品質の悪いリサイクルトナーを購入しては、余計にコストがかかるかもしれません

リサイクルトナーとしては、廉価品を用いている場合、純正トナーをリサイクルしているなどあります。品質を一定に保つには、ある程度のコストはかかるので、いくら安いといても、安すぎる値段のリサイクルトナーは、手を出さない方が無難と言えるでしょう。使用済みの純正品を回収し、トナーを充填して、リサイクルトナーとして販売しています。つまりは、それぞれの業者のオリジナル品と言っても良いのです。業者ごとに品質に違いはありますが、日本カートリッジリサイクル工業会が一定の基準を設けており、ここに加盟している業者だと、品質は一定以上だと見て良いでしょう。リサイクルトナーとして販売するには、洗浄してトナーを充填するなど手間がかかります。このようなリサイクル段階にどれぐらい手間をかけるかでも、その業者のトナーの品質が高いか低いか違ってきます。


関連記事

  1. 価格差が生まれる理由
  2. 信頼できるショップ
  3. サポート体制