サポート体制


トナーリサイクルトナーは、純正トナーと比べると、不良品の発生割合が多いです。万が一購入したリサイクルトナーが不良品であった時に、返品に応じてくれるか、またサポートはしているのか、そのような業者を探すようにします。割合としては100本中数本は不良品が発生します。どうしても不良品のでる製品なので、当社の製品には不良品は一切ありません、などと記載している業者は、信頼性が薄いと言えるでしょう。

購入後の印字不良時の対応が素早く、親切丁寧で、保証条件通りに保証してくれる業者を探します。保証条件が同じであっても、不良品に対しては、業者ごとに対応が違います。これはやはり、その業者のサイトを見て、保証に関して記載があるかどうか見ることです。保証のしっかり行っている業者であれば、不良品だったと連絡すれば、すぐに代替品を送ってくれます。

サポート体制が万全かは、業者として信頼と品質を確保し、営業を行っているか見てみましょう。まずは先ほどのリサイクルトナーカートリッジ工業会会員であるか、さらにはISO9001やISO14001を取得していることも望ましいです。その会社の規模に関わらず、会員か、ISO取得かを見てみましょう。


関連記事

  1. リサイクルトナーの品質
  2. 価格差が生まれる理由
  3. 信頼できるショップ